社員紹介

一点に限らず、色々なことを可能な限り広く挑戦したい

K.U

プランナー

2018年入社

メディア・芸術学部 映像学科

志望動機

学校から紹介されたのをきっかけにトーセを知りました。最初は名前を知らなかったので、小さな会社なのかな?と思っていましたが、調べていくうちに、トーセがゲーム業界における影の立役者だと知って驚きました。元々「一点に限らず、色々なことを可能な限り広く挑戦したい」という思いがあったので、多くの企業と連携するトーセでなら、それが出来ると思い、トーセを志望しました。

仕事内容

仕様書や企画書などを作成し、クライアントからOKが出れば、各職種に向けて業務を移行していくことが主な仕事内容です。特に仕様書は開発スタッフにとって、絶対的な存在なので、これがあやふやなものだと開発は難航します。そのため、仕事の8割が仕様書をブラッシュアップしている時間になります。基本は仕様書を書くか企画を練るかのどちらかですが、上位のプランナーになると、プロジェクト全体の動きを把握したり、クライアントと開発スタッフの橋渡しをする方もいます。

今後の目標

ゲームが日常生活の延長線上にある存在になってから、人々から求められるゲームは、華麗なグラフィックや大容量のボリュームを必要とする高度なものになってきています。しかし現状、開発環境では、こうやりたい!この方が絶対面白い!と自分自身が思っていても、思うようにいかないことが多いです。それらをクリアしていけるように、経験を積むことはもちろん、必要だと思える技術と知識を可能な限り吸収し、磨き続けることは入社当時の目標から変わっていません。

トーセの良いところ・好きなところ

とにかく職場環境がいいことです。人間関係については、ゲーム会社なので、ゲーム好きがいるのは当然ながら、それ以外にも色々と多趣味な方が多く、気の合う人や同志などはすぐに見つけられると思います。また仕事環境は、フレックスタイム制度が導入されてから、個人のライフスタイルに合わせた仕事ができるようになりました。特に私は朝が弱いので、本当に助かっています。従業員のことを考え、様々な制度を運用してくれるというのはトーセの良い点だと思います。

その他の社員紹介

その他の社員紹介

採用情報インデックス