社員紹介

初めてゲームが完成した時は、ただただ嬉しかったです

K.U

プランナー

2015年入社

デジタルゲーム学科ゲーム開発学科

仕事内容

主に仕様書の作成やゲームバランスの調整などを行っています。仕様書では、仕様意図を他職種のスタッフにも理解してもらえるように丁寧に作ることを心がけています。ゲームのバランス調整では遊んでもらうユーザーを想像しながら、試行錯誤を繰り返しています。また少し変わった業務ですが、時折、仮のボイス収録を依頼されることもあります。開発中に自分の声を当てられるのは照れくさいですが、普段できない良い経験もさせて頂きました。

やりがい

何もないゼロの状態からゲーム完成までの間、プランナーは企画立案、仕様作成、バランス調整、クオリティアップ、デバッグ管理と、長期にわたりいろいろな役割を担います。苦労も多いですが、自分の考えたアイデアがゲーム内で形となり、初めてゲームが完成した時は、ただただ嬉しかったです。ユーザーが自分の作ったゲームを楽しんで遊んでくれている姿を見た時の喜びはとても大きく、「作って良かった」と改めて感じました。

トーセの良いところ・好きなところ

コンシューマからスマホ、アーケード筐体とハードを問わず、様々なタイトルに携われるところが大きいと思います。
私自身も、新規IPの開発から有名タイトル作品にいたるまで、入社してから数々のタイトルに携わってきましたし、幅広いジャンルの開発に携われることがステキなところだと思います。また、忘年会では毎年コスプレ大会があるので、私もコスプレをして出場しています!2018年度のコスプレ大会では優勝することもでき、いい思い出になっています。

就活生にひとこと

ゲーム開発は、必ずしも自分の得意な分野にあたるとは限りません。そのような状況でもプランナーは、より良いアイデアを出していかなければなりません。自分の得意な分野を伸ばすことはもちろんですが、これまで興味のなかったことや不得意だったことにもガンガン挑戦していき、ぜひ視野を広げてほしいと思います!

その他の社員紹介

その他の社員紹介

採用情報インデックス